2015.11.27

なぜ無垢の木を使うのか


佐野工務店の住まいは、たくさん「木」をあらわしで使っています。
床材はもちろんですが、窓枠、建具枠、室内戸・扉、巾木、天井仕上げ等も木を使用しています。
なぜ木を使っているか、、、
ひとつは、感触がいいということ。
とくに床。
床材は主に杉、ヒノキ、唐松などの針葉樹を多く使っています。(タモ、ナラなどの広葉樹も使いますが、、)
針葉樹は空気の量(空気の隙間)が多く密度が低いため柔らかく、なので傷つきやすいですが、そのかわり肌触りがよく、夏はサラサラ冬はあたたかいです。
逆に広葉樹は空気量が少なく密度が低いので、固いのが特徴。
傷つきにくいですが、針葉樹より冷たく感じます。
針葉樹の経年による傷は、最初は気にして暮らしている人も多いですが、そのうち全く気にならなくなります。
夏が特に肌触りが気持ちいいんです。
もう一つは、既製品を使っていないので、廃盤がないということ。
どういうことかというと、既製品の複合フローリングや窓枠、室内の戸や扉は、いつか廃盤になります。
そうなると壊れた際に部分的に直すことが困難で、類似品で修理してもちぐはぐになってしまいます。
佐野工務店の窓枠や木製建具は、図面から起こし制作しています。
ですので、廃盤といったことがありません。
末永く、愛着を持って暮らすことができ、住み継いでいくことができます。
木は、収縮したり、反ったりすることもありますが、それ以上に暮らしに恩恵を運んできてくれます。
弊社、モデルハウスでは、時間の経った木の感じを見ることができます。
是非イベントのほう予約・参加くださいませ!
【11月・12月のイベントのお知らせ】
11月
29日(日) 住まい教室(設計のお話)【予約制】
        ①AM10時~ ②PM14時~
12月
6日(日) OMソーラーの家 夜の体感見学会【予約制】
       ①18時~19時 ②19時~20時 ③20時~21時
20日(日) OMソーラーの家 体感見学会【予約制】
       ①10時~11時 ②11時~12時 ③13時~14時 ④14時~15時 ⑤15時~16時
27日(日) 今年最後の住まい教室(設計のお話)【予約制】
        ①AM10時~ ②PM14時~
お申し込みは下記のいずれかにて。
・お電話 047-472-1573
・メール info@sanokoumuten.co.jp
・WEBサイトのお問い合わせページ→コチラ
千葉県で建てる木の家・木の住まいは、佐野工務店へ!!
習志野市藤崎1-11-1